ヤス
です。
(*´ω`*)




ドバイカンファレンスのページも、

かなりのインパクトですが、



http://dcmnews.jp/blog-entry-76.html





韓国でのDCMプロモーション用のページも

出来上がってきました。


現在、ホワイトペーパーと、PVの公開待ちの

プレビュー段階となっておりますので


その内容について、順番に解説していきますね!!



※DCM公式の韓国および、世界向けプロモーションページ(韓国語)


DCMは、日本よりも、韓国で先に上場すべく

準備が進んでいましたので、


韓国語でのDCMプロモーションページが
一番先に出来上がってきました。




1つづつ、いきましょう。

まずはこちらです。






確実な価値、高い技術力で発展する暗号通貨


DCMは、

デジタルカレンシー株式会社のマイニング事業の
利益を投入することにより、

持っているだけで、
自動的に価値が上がるコインを意味します。

Ethereumベースのブロックチェーンから更新され、
トークンを発行することができるコインで
共通のプログラムで取引することができます。

総発行枚数は10億枚です。


(DCMの)送信手数料0.15%を使って、
Yank Barry財団と子供支援金に寄付しています。







以前からお伝えの通り

DCMを送信しようとすると、

0.15%の手数料がかかりまして、

それは回収され、

ヤンクバリー財団に寄贈されるようになっています。


DCMマイニングマシン1台1台に日本の若者の未来が託されました【〜No one should go hungry〜】



これにより、

総発行枚数は全世界で10億枚、ですが、


マイニング工場から発生する収益を投入することによる、

DCMの購入は、将来的に2億枚、というような
数値になると計算されており

また、

誰かが送金するたびに、
0.15%づつ総発行枚数から、

減っていくことから

目に見えて市場流通総量が減っていくので、

希少価値もどんどん高まると思います。



たとえば、リップルコインは

リップルコインを使用するたびに、

消滅することになっているので、

リップルコインは、昨年、1円から最高400円まで、

価格を上昇させることになりましたね。


しかし、リップルコインの総発行枚数は1000億枚です。

しかも、市場流通総量は、わずかづつしか減りません。



なので、リップルコインの価値があがるのは、

何十年も先だと思われています。





また、市場発行数を急激に減らすことを

仮想通貨用語で、バーンする、といいますが、


いろいろな仮想通貨で

市場から20%減らすバーン、を行い、

そのたびに、価格を2倍になる、

などという事例も出ます。



もともと、リップルコイン等と比較して、

総発行枚数が100分の1であり、


さらに、リップルコインよりも、

かなり早いスピードで、

市場の総発行枚数を減らしていくことに

つながります。


(0.15%づつデジタルカレンシーが回収し、

 それを市場に再度回すことなく使用不可能にして

 ロックするので、実際の流通総量が減る仕組み)




さらに、マイニング工場から発生する収益で

DCMを市場で買っていって回収するのも加えますと


かなりのスピードで、


10億枚を1/10の1億枚まで

流通量を減らしていくのを目標にしているようです。



20%のバーンで、価値が2倍になるのが、

他の仮想通貨ではよくある例、なので、


90%のバーンですと、どうなってしまうのか?

このあたりも、期待ですね。


さらに将来的には、ビットコインと同じ2100万枚にまで

減らしていくのをさらなる目標、と

聞いていますので、


ビットコインの価格を超えることも、

”もしかしたら??”あり得るかもしれませんね。


夢はデッカク!!


DCMの今後を、これからも応援していきましょう!!



この続きは次回の記事で!!

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!②

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!③

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!④

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!⑤

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから