ヤスです。
(*´ω`*)


DCMCは、

価格下落を抑えるために

AIマイニング
AIトレード(AIガリバー)



という
Wエンジン
によって発生した収益の一部を使って、

DCMC相場で買い上げを行うことで、

価格を自動的に上昇させていくように
なっております。


よくある他社コインは、

・上場したら墓場、

・上場したらすぐ売れ

・上場したら価値100分の1になって終了



というような詐欺的コインばかりの中で

しっかりとしたスキームが組まれているのが
DCMCのいいところで、

仮に価値を100分の1に相場価格が下落したとしても

必ず、

自動買上げ機能が働いて、
相場価格は復活し


いずれ買い上げパワーが
どんどん増強されてくると

何もしなくても勝手に
価値が上がるコイン


に変わります。




ご存知のかたも多いと思いますが、

2017年は、確かに、

猫も杓子も仮想通貨、

買ってさえおけばどの通貨も儲かる



という年でしたが、


2018年は、その反動で、

持っている通貨はことごとく売られ続け
人気は低迷し、




買う人も少なくなり、

売る人も少なくなり、

市場売買の低迷が起きております。


リーマンショック以上の
売られすぎ


と言われ、仮想通貨市場全体が
未曾有の不況に見舞われている真っ最中です。


その結果、

AIマイニング事業では、

他社も大赤字決算を計上したり、
撤退する事業者が相次ぐ中、

デジタルカレンシーのAIマイニング事業は
他社とは異なる仕組みを採用していたために

ギリギリではありますが、

収益が出ております。


しかし、
ギリギリの収益をもって
DCMCを買い支えるのは不可能ですので

マイニングで得られる収益が
小さいものであっても、

AIトレードエンジン(ウィズダムガリバー)

を通すことによって、

ビットコインを増大させてから、
DCMCを買い支える

という計画で進んでおりました。


2018年11月、12月は、
ビットコイン相場が非常に大きく売られ続け、
下落方向に動きましたので

本来なら暴落なので大損のはずなのですが、

AIガリバーさんは、

価格の落差が大きいほど利益になるので、

月利30%
を超える数値を叩き出すなど

かなり絶好調でしたが、

1月2月は、逆に、

ビットコイン相場で、
売る人も少なく買う人も少なく、

価格の変動が
めっきり少なくなってしまいましたね。


それにより、

AIトレードエンジン(AIガリバー)の収益も
かなり小さめで推移している

という結果です。


マイナスにならないで安定している、
のが強みなのですが


DCMCの買い支えに使う、という点では
まだまだ弱い


ということで、

第3の買い支えエンジンを用意することになったのです。



春頃に完成予定となっておりまして、

まだ公開前ですが、

コードネーム「ドラゴンEA」

これが、第3のDCMC買い支えエンジンです。



DCMCプロジェクトリーダーの松田社長は

三国志の諸葛孔明になぞらえて
「FX孔明」と呼ばれていましたが

もともと
ドル円やユーロドルなどの、
つまり法定通貨のFXのほうが、

本職中の本職、


仮想通貨市場が未だ低迷を続けていて、
得られる収益が少ないなら、


仮想通貨市場が
月間20兆円規模と言われている中で

法定通貨FX市場は
1日で600兆円を超えるという

比較にならないほど巨大で
毎日売買が活発に行われている

法定通貨のFX市場で

安定して得られる収益も一緒に合算して、

全部まとめて
DCMCの買い支えに使ってしまおう、


そういうことです。



論より証拠で、実際の実験中の
画面の一部を見てみましょう。





24時間365日動いている
仮想通貨市場と違い、

法定通貨のFXは
平日しか市場が動きませんので、

週5日間、

今回の実験では、実質4日間の稼働で
平均日利2%超えの数字が見えます。


写真は、非常に短期間の実験結果ですので、
参考になりませんが、

1日2%なら、20日間の市場稼働ですので
月利40%、ということになります。


1月に実験した数値では
月利60%超えを叩き出しているそうです。


リスク計算等もあるので、

実際には安定して、
月利20%超えを目指して
設計、調整を繰り返している最中ですね。


月利20%とは、

1年間同じ利益率だと、
資金が10倍になり、

2年間では100倍になる


ということですから、
DCMCの買い支えに使われるパワーが

それだけ増大してくることになりますので
ますます期待したいところですね。



さて、

ビットコイン市場で
AIにてトレードを行うガリバーと

法定通貨FX市場で
自動売買EAツールによって利益を上げる
ドラゴンEAと


2つのエンジンが存在することになりますが、


2つは併用して動作します。


今はビットコイン相場が低迷していますから

AIガリバー収益<ドラゴンEA収益

ですが、

状況によっては

AIガリバー収益>ドラゴンEA収益

になる時も考えられるため、


すでにAIガリバーで恩恵を受けている方は、

両方に分散してポートフォリオを組み、

両方の恩恵を安定して受ける



というように変化する予定です。



ドラゴンEAはまだ実験中ですので、

情報入り次第、続報しますね。
(*´ω`*)



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
タグ