ヤスです。
(*´ω`*)



今日は、ヤヴァイ話を、いくつかしたいと思います。


現在、DCMCが、

韓国のBITZET取引所で公開されています。

※DCMではなくて、DCMC、です。
ご承知ください。


12/15より250円スタートで公開されて

1ヶ月ちょっとで、
かなり価格を上昇させています。

スタートダッシュは、
かなりいい感じですね。

なぜこんなに絶好調なのかといいますと、

夏頃までのロードマップが、
はっきりしているから、です。



DCMC取引所ボードアップ情報





現在公開中


①韓国BITZET取引所(ボードアップ済み)



URL
https://www.bitzet.co.kr/


会員数3万人を超える、
韓国では中堅どころの取引所。

日本でも有名なビッサムやUPBITなどは
たびたび、大型ハッキング盗難事件が発生していますが、

日本で言うところの韓国の政府機関による
仮想通貨取引所の審査に合格し

1度も盗難事件が出ていないことから
最初のボードアップ先に選ばれたのがBITZETです。

ハッキング被害にあわない為に、
登録したスマホ宛に、電話がかかってきて
出ないとログインできないという
ARS認証


独自のセキュリティが
最大の特徴です。



250円でスタートしていますが、
公開直後から、すごい勢いで、
価格上昇しています。

今後に注目ですね。




②コインビッグ取引所
(1/28よりAirDropキャンペーン開始)


URL
https://www.coinbig.com/index.html?lang=ja_JA

中国語が充実していて、
中国人30万人の会員がいるという
世界でも有数の巨大取引所の一つ。

コインビッグを登録しL2認証まで完了した人が、
キャンペーンスタートから10000人まで
ログインした人先着順に

無料で10DCMCづつ配布される
AirDropキャンペーンという

案内がでております。

10DCMC=300元=4800円前後

つまり、

DCMC=480円から500円での公開予定

という案内も一緒にされています。




③キー取引所


中国マカオ政府認可ライセンスNo00001の
プレミアム取引所、

2月中のボードアップ予定
(具体的な日付、公開価格など未定)





④韓国2箇所目取引所(詳細は近日公開)
※公開時価格750円〜800円予定




⑤アメリカ初の政府機関が認可した取引所
(具体的な名称、日時などは2/15ごろに公開)


(※公開時価格1000円超を目標)




このように、

数ヶ月先まで、5箇所の各取引所に
すでに内定をもらっている段階です。

(※内定なので、
 各取引所が案内を出した段階で公表されます)




やはりなんと言っても、

最後の

「アメリカ初の、
すでにSEC証券監視委員会の認可が通っている取引所」


2/15から、
DCMCのロゴと、ホームページ、ホワイトペーパーなどが、
掲載されて、
取引所自体が宣伝をしてくれる形で
キャンペーンが開始になることまで
はっきりしています。


この取引所は、

ニューヨークのタイムズスクエアの
NASDAQビルボードに
広告を出す



ロイター通信の記事でも掲載されるなど、

全米に広く知られた存在、になっています。


それは当然、

世界中に
ものすごい影響力を与えることになると思いますので


その取引所のホームページに
「DCMCの取扱いの広告が掲載」
※2/15は広告が開始、
公開は数ヶ月先になる予定

それだけにDCMCのインパクトは
かなり大です。


各取引所ごとに、公開価格が段階的に上がっていくので、

取引所間の価格差を利用するアービトラージにより、

新しい取引所に公開されるたびに、
それ以下の価格に下がりにくい、という
特徴が出てきます。



今は韓国BITZETで250円スタートですが、
次にコインビッグで500円スタートしたら、

安い方で買って、高い方で売りますので、
結局価格の差がなくなっていきます。


つまり、段階的に、価格が上昇していくのが
目に見えている状況です。


アメリカでのSEC認可の上で取引所公開の為に
シンガポールにあるDCMCシンガポール事務局にて、

超厳格なKYC(本人確認審査)等の作業が

毎日行われておりますが、
その一環です。



見据える先は、さらにその先です。



まだまだ水面下で準備が進行中ですので

また続報しますね。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから