ヤスです。
(*´ω`*)


先日から、DCMCプロジェクトリーダーの
松田社長が、

上海、北京などを訪問し、

現地の中国投資家の方々とのミーティングを
数々重ねた上で、

そのことが、地元経済誌にも
かなり大きく掲載されるようなので、

皆さんにもお知らせしようと思います。





日本のFX孔明がブロックチェーン技術の将来の展望を語る



2017年4月、

世界の首脳やインテリ層が、
今後の世界の混乱を予言している中において、

日本の仮想通貨/ブロックチェーン業界は

明治維新以来の革命を起こし、
政府、金融機関、大企業、および中小企業が変わろうとしています。
(日本で仮想通貨の法律が作られたことを指す)


日本は、依然として世界の第3位の経済国、

しかし、見た目に発展しているように見える金融の業界は、

“全ての事業の雌”の銀行業といいつつも、

もっと前に、前世紀の90年代の初めにおきた
金融バブル崩壊によって、

すでに失墜、していました。

日経新聞の報道によると、

日本政府の計画は10年以内に
キャッシュレス決済の割合を40%まであげる目標を掲げ、
ビットコインなども、日本の戦略の一部に取り込まれているようです。

(法定通貨を扱う)金融業界に
さらなる衝撃を与えることとなりました。





日本のブロックチェーンプロジェクトDCMは、

Shanghai Blockchain Industry Investment Allianceが
運営する一連のロードショーに参加しました。

(※上海・北京などの投資家向けセミナー)


参考記事こちら。


【驚愕の実績】上海の金融プロ達が驚く!!DCM説明会 in 上海‼



【次は北京‼】DCMCを加速させるヤヴァイ話。ゾクゾク。




DCMプロジェクトは、

有名な日本の起業家や
日本国外にもトップランクの人脈を持つ

松田氏によって率いられました。

彼は、


日本では、FX孔明(こうめい)の異名もあります。

(三国志の軍師・諸葛亮孔明より、

 じっくり準備を整えて、静かに待ち、
 ここぞというときに、一気に動く戦略家に
 なぞらえたニックネーム)


DCMプラットフォームは、

すでに実績のあるマイニング技術により
安定した収入を達成し、

ブロックチェーン技術を通じて誰もが閲覧可能で透明性の高い
国連NGOを通じての慈善寄付事業を実現し、

世界で最も先進的なAIトレードシステムを
DCMの成長エンジンとして、備えています。





DCMの既存の顧客は、

世界トップクラスのAI(人工知能)による
ビットコインFXトレードシステムなどを使用して
得られた収益を使ってDCMを購入し続けて、
価格を安定させけ、
毎月の価格上昇のメカニズムを持っています。


AIトレードシステムの実績を確認したところ、

なんと11月の月利は記録的で45%超え、


14日のTIMEフィナンシャルのインタビュー時、

12月の約半月での収入は、
月利ベース36%に達していたほどであるのを

実際に目の当たりにした。


会員向けには、実際に稼働している画面を
リアルタイムで見てもらえるように体制を構築していて

24時間オンラインで、顧客がAIトレードで
利益を上げている様子を見ることが可能、という

画期的なシステムを作り上げたそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本のメディアでは、
仮想通貨取引所の動向に非常に敏感で

コインチェックのハッキング事件など、
少しの否定的なニュースが出てくると

広く報道され、あっという間に広まるが、

DCMの発行以来、否定的なニュースが
メディアにとりあげられたことがない、という。





松田氏は、

「私が以前、FX取引をしていたとき、
国家によってお金が発行されているが、
常に国家政策の対象となっていた」

と述べた。

彼は収支理論の支持者であり、

「お金は水のようなものであり、
水は高い水準から低い水位に流れ、

最終的にはバランスを取るようになり、

国家の支配下では水の流れが高くなり、
自然に流れにくくなります。


国家権力に依存しない仮想通貨は、
これらの摩擦と相違を取り除くものです。」



日本政府の仮想通貨/ブロックチェーン産業への
支援と政策の段階に関して、

松田氏は

「日本の国家政策は、しばしば大規模な権力機構に影響され、

日本銀行の収入の大部分は、あらゆる手数料から得ています。

デジタル通貨(仮想通貨)が普及し始めたばかりの現在、
銀行の常識に、挑戦し、破壊していくことになるので、

銀行や国の政策は、常に反対・反発をします。



日本でも仮想通貨・デジタル通貨の流通が
徐々に増えていって、

銀行と政府が、その現実に直面して
ついに受け入れ始めることになりました。


日本銀行の実際の担当者(中国人民銀行に相当)も
スイスに行って仮想通貨を研究しています。


保有者を特定する観点から、
日本銀行と政府は、

仮想通貨・デジタル通貨に規制をかける方向に
どんどん舵をきってきています。







「安定した財産や職業がなければ、精神的にも不安定になる。」

孟氏の言葉を、松田氏は深く心に刻んでいます。

安定した財産や職業を与えていくことが、中国の精神文化にも
深く影響し、根付いていくことになる。

そう信じて、中国でも活動を開始した松田氏。


また、世界有数のFXトレーダーとして、
収益を、慈善福祉活動にも貢献しています。


DCMプロジェクトリーダーとして、

プロジェクトの収益の一部は、
国連NGOの組織である、JACEを通じて寄付されます。

寄付、といえば、1度きりのもの、ですが、

マイニングマシンは、毎月毎月、
収益を生み出し続けることから、

マイニングマシンを寄付することが、
循環型投資システムを作成するための慈善事業になり、


東南アジアの国々の、
たとえば小学校にマイニングマシンを寄付し、

定期的に人員のメンテナンスを手配します。

「地元の貧しい地域を教えてください。」
と松田氏は語る。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoinは10年前に生まれましたが、

2018年、金融危機以来、

世界金融の中で最も乱暴な年
と呼ばれていましたが、

債務危機やバブル資産は
依然として深い爆弾のようなもので、

いつどうなるか、まだわかりません。


インターネットの技術は、まだまだ進化し、
中でもブロックチェーン技術の進化は、また

歴史的にも最もホットな、
最大の発明イベントともいえる状態になっています。


日本とブロックチェーンは長い歴史を持っています。

Bincoinの開発者であるサトシ・ナカモトは、

強い日本のシンボルを持つ名前であり、


日本のインターネット企業大手SBIは、
積極的にブロックチェーン投資を行っています。

また、同SBI銀行は、

同じクラウドプラットフォーム上で運営されている
多国籍銀行の銀行決済ネットワークの構築を専門とする
SBI Ripple Asiaを設立するために、

ブロックチェーン決済ネットワークである
Rippleと提携している。

また、ブロックチェイン技術を応用した
日本のプロジェクトシナリオも数多くあります。


要するに、これらは、

ブロックチェイン技術を活用しようという、

日本の野望と決意を完全に示しています。


現在、日本のブロックチェーンの開発の見通しは
依然として非常に良好であり、

日本はブロックチェーン技術の適用と応用が
世界でも、最も徹底的であり、

さらに、ブロックチェーンは、
日本の経済成長を促進し、

国際的な影響力を拡大することに大きな影響を与えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


中国での活動は始まったばかり、

今後の展開に期待したいですね。



また続報します!

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
カテゴリ
タグ