タグ:松田智評判

須田慎一郎【ZAIFの44倍、すでにメガバンクから毎年盗まれてる】仮想通貨だからアブナイのではない。銀行のほうがもっとヤヴァい。


ヤスです。
(*´ω`*)


先日から

DCMも含めてプリチャージされた

世界初の「KEYカード」を
紹介しておりますが、


韓国でのメディア発表、

帝国ホテルタワーでの、内覧会パーティー

【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1


とイベントがありましたが、

情報を総まとめして、

15分のダイジェスト版動画を作っています。


期間限定となっております。

見てね。





さて、動画の最初のほうでも語っていますが、

仮想通貨の大量盗難事件が、ニュースになるたびに


「だから仮想通貨はアブナイ」


と勝手に勘違いしていませんでしょうか?



実は、メガバンク等大手銀行&地銀が提供している

銀行のインターネットオンラインバンクのほうが

もっともっとヤヴァMAXなんです。


参考記事こちら。

https://twitter.com/take_off_dress/status/961805583832592384?lang=ja




毎年、3000億円盗難されているメガバンクは、グループ企業の保険会社が揉み消している。







人気テレビ番組、

「そこまで言って委員会」

にレギュラーコメンテーターとしても

出演している

須田慎一郎さんと、


中部大学教授の

武田邦彦さんとのやりとりが、


虎ノ門ニュース動画で見られますが、



そこで語られているのは、

トンデモなく、

世間一般に知られていない事実ですね。


テックビューロ(ZAIF)67億円盗難事件や
コインチェック580億円盗難事件は、

仮想通貨という、未整備の世界だから叩かれた。



コインチェックのことを、


「カスの中のカス」と

最大限に非難したSBIの北尾CEOも


「カスの中のカス、のさらにカス」が


日本中みんなが信頼しきっている、

超大手の日本のメガバンクであることを、

知らなかったんでしょうかね。



そういえば。
SBIグループも銀行持ってますけど。




なんと、

年間3000億円も、毎年、

られまくっているメガバンクは、

同じグループ企業の保険会社
に保険料を支払って

それを穴埋めしてもらっているので、

一切表に出てこない、

パニックになるから揉み消しているという
衝撃の事実




当然、その分の保険料は
銀行の預金者が負担しているわけで、

金利の低下に結びついているんですよ。


本来ならもっと高くてもいいはずの金利を
下げて、その分で保険料分を対応するしか
ないわけですね。

定期預金でも、年利0.02%くらいです。


銀行に預けておいても、

お金は全然増えないですよね。




なぜこうなってしまうのかというと、

仮想通貨のセキュリティよりも古い、

10年以上古いセキュリティ技術を

未だに使い続けているから。



一度仕組みを設定して、顧客に使ってもらうと

それを置き換える、というのは、

お客さんに、

「今度システムが総入れ替えになりましたので
 使い方を勉強してください」

と全員に伝えないといけないわけで、


あまりにも大変な労力ですから、

当然のことかもしれません。




仮想通貨=アブナイ

メガバンク=安心


これは実は間違いであることを、
知っておいたほうが良いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこで、日本人がCEOを務める、

KEYエクスチェンジが発行することになる

KEYカード、の紹介です。



詳しくは以前の記事でも説明しているので
見てくださいね。

【KEYウォレットアプリ・デモ】速攻レビュー。シンプル&パワフル。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思い出すのが、約11年前。

2007年の1月。

サンフランシスコで行われたMacworld EXPO。


今のスマホの最初の原型である初代iPhoneを

当時AppleのCEOだったスティーブジョブズが

発表した時のこと。



それまでも、スマートフォン、と呼ばれる製品
はありましたが、

その問題点をズバリ指摘。



使いにくい。

こんなのはダメだ。

と、スパッと切り捨て。



そして、全体を画面にして、

みんなが生まれながらにして持っている

「指」を使って直感的に操作することを

はじめて提案。




結局これが、世界中の人に受け入れられて、

世界No1の株式時価総額を誇る会社にまで
上り詰めるほど


iPhoneは世界中に受け入れられました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEYカードは、

ハードウォレットでありながら、

スマホアプリ連携なので、

ソフトウェアの更新だけで、
対応するコインを増やせるし

取引所連動型なので、

コインを入れておくのも出すのも自由自在。

まったく、ハードウォレットだということを

意識せずに、

誰でも直感的につかえるようになっている
画期的なものです。


これまでの仮想通貨は、

一部の、玄人さんが使っているだけのもの。


コインチェックがはじめて、

使いやすいスマホアプリを作り、

ライトユーザーも飛びつき、

市場拡大には大変貢献したのですが、

その代わりにセキュリティはザルでした。



セキュリティが世界最高レベルで、

ライトユーザーが使っても非常にわかりやすい。

スマホとカードを接触させるだけでOK。


1個でいろんな通貨に対応できる。



AppleのiPhoneが、

それまでのスマートフォンを
一切駆逐して、

世の中をiPhoneと似たスマホだらけに
してしまったように、

その現象の再来を予感するに十分な

セキュリティ能力と仕掛け、


これはもう、期待するしかないですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





最新情報は、LINEグループに参加すると、

さらにリアルタイムで速報がはいります。


情報が命の世界なので、

ぜひ、1秒でも早く情報が届くLINEグループに

参加してくださいね。


こちらからQR登録できます!!




http://realshozai.secret.jp/lineqr/qr/





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【KEYウォレットアプリ・デモ】速攻レビュー。シンプル&パワフル。


ヤスです。
(*´ω`*)



DCMがボードアップする先の、

マカオのKEY取引所が発行する、

KEYウォレットのスマホアプリの

デモ動画が届いたので、

ソッコーでお知らせしますね。





KEYウォレットアプリ、最速デモレビュー。



では、御覧ください。





動画では、


上半分に、KEYコインの入った

カード、を左右にスライドしている様子が

分かると思います。


KEYコイン、だけになってますが、

実際には、

コインごとに1枚のカードという
設定になってまして


横にスライドすると、

KEY→DCM→BTC

と言った具合に、入っているコインごとの
情報を切り替えられるようになってます。


その他トレードビューも含めて、


できるだけ、シンプル化、

使いやすさを追求している
ユーザーインターフェースに

なっているのかな、と感じました。



あとは先日もお知らせしたキーカード、ですね。





こちらの動画も、ご覧くださいね。


KEYウォレットと一緒に使う、
キーカードにつきましては、こちらの記事もどうぞ。

【VISAカードがKEYになる!!】使い勝手最強!!デビットカード&ウォレットアプリがついに!


それと、

初回だけキーカードに特別に入っている、

限定のロナウジーニョサッカーコインの
公式ムービーです。





また続報します。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#2 発表内容その1

※昨日の記事はこちら。
【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1l




ヤスです。
(*´ω`*)



9/2 帝国ホテルタワー最上階にて

KEY取引所公開記念パーティーがあり、

そこの席上でありました発表内容について、

お知らせしていきますね。



なぜ、KEY取引所、なのか。







まず、なぜ

KEY財団(KEYエクスチェンジ運営する会社)

との業務提携に至ったのか、その理由です。


その答え、について、
次のような話題がでました。



KEY財団CEOの中野さんが

国連の中にある、経済社会理事会の
アジア部門の理事であることは、

すでに既報


ですが、


実はもう1人、

国連メンバーがKEY財団に参加していまして、




村松さんという方が、

CMO(マーケット戦略最高責任者)
をされています。


村松さんのスピーチの中で
こんな言葉がありました。



日本人は、世界と比べて、

投資の考え方に、決定的な違いがあって、

いわゆるノウハウコレクター、

ノウハウばかり集めて、それで終わり、

つまりお金ばかり損して、
知識ばかり増やして、

「最後に、どんな仲間と組むか」

という行動部分をしない人が多い、



ということを指摘されていました。


国際的信用力の高い人、企業と組むことで

より、DCMそのものの信用力を高めていくのは

とっても大事なことです。



この村松さん、
KEY以外にご自身のプロジェクトを持っていて、

アブダビから

3000億円規模の融資を受けたプロジェクト


を近々、発表されるとのことですが、


それだけ国際的信用力の半端ない方、

だということはわかっていただけると思います。


そもそも、

あのロナウジーニョサッカーコインの案件を
KEY取引所で扱う話になっているのも、

この村松さんのチカラによります。


そういう国際的信用の高い人が、
語った一言が印象的でしたね。



「7年前から、

尊敬し、追いかけていた私の師匠の師匠が

松田社長だったんです。

今ようやく、油がのって(笑ってました)
一緒に仕事ができる状態になったことを

非常に楽しみにしてます」


つまり、

まったく対等な立場で、

KEY財団と、デジカレが業務提携に至ったことが
非常に今後、楽しみな部分ですね。


KEY財団としては、

マカオで、稼働している唯一の
マカオおよび中国政府ライセンシーの
仮想通貨取引所
でありますが


それにとどまらず、
銀行の設立も計画していまして、


法定通貨と仮想通貨の垣根をどんどん低くし、


先日の既報の通り、

VISA/MASTERカードの発行も行い、


KEY1社だけで、

仮想通貨取引所だけじゃなくて

銀行、クレジットカード会社などなど

金融ジャンルすべてを網羅することを目標とされています。



もし、KEY財団が、
仮想通貨取引所、だけを運営しているならば、


VISA/MASTERカードを他社に依頼して発行しても

それを日本円に変える、ことができませんので、

KEY取引所でDCMをビットコインに変換し、

ビットコインを日本の取引所に送って

そこから日本円を銀行に出金して、

デビットカードにチャージして

それからやっと使う

ということになります。


それぞれの工程で、手数料がかかりますので、
下手したら10%くらいは目減りしそうですね。


しかし、KEY財団で、

・仮想通貨取引所
・VISA/MASTERカード取扱
・銀行



これによって、


DCMの入った、VISA/MASTERカードを使って、

日本円の代わりに、DCMを使って
VISA/MASTERが使えるお店であれば

どんなお店でも即使用可能、

といったような、
ワンストップサービスが可能になります。



KEYの発行するクレジット/デビットカードについては

詳細がわかりましたら、お知らせしますが、


イーサリアム、DCM、キーコイン、RSCロナウジーニョサッカーコイン
の4種類が、

たとえば3万円分、など設定金額に対して、

一定割合で最初から記録されている
プリチャージカード、になったようですね。


見た目はクレジットカードなんですが、

すでに最初からコインが入ってる
ポイントカード的なもの、と
同じ扱いになるようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらにKEYは、ニューヨークに法人を設置して、

拠点はマカオにありながら、

アメリカに各コインの認可も申請して、


仮想通貨の世界で最高レベルのアメリカの基準を

マカオに持ち込むことで、

KEYで扱うコインは、すべて認可スミ、だよ、


今後、100種類近くのコインを、
KEYで扱う予定になっていますが、

すべてのコインを、アメリカで認可とるように、
信用度をMAXにする、

準備を進めているとのことです。



DCMももちろん、その中の1つに入ってます。


世間的にICO=99%詐欺、
というようなことを言われていますが、


ロナウジーニョサッカーコインのような

本当に志の高い、
バックボーンもしっかりした会社が出すICO案件は

もっと活発に扱われるべきなんです。


本来のICOは、そういうものですよね。



KEY財団が、
ICOを合法化すべく、その審査もきちんと行っていることと
DCMが、そこにボードアップしている、ということが加わって、

信用度がまったく変わってくる、ということなんです。


非常に長くなるので、数回に渡って、お知らせしますね。




※昨日の記事はこちら。
【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1l


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1


ヤスです。
(*´∀`*)





9/2

東京・帝国ホテルタワーの最上階の
ラウンジ・アクアにて行われた、


DCMがボードアップする予定になっている、

マカオ政府の公式ライセンスをNo00001号で取得した
KEY取引所(キーエクスチェンジ)についての、

公開記念パーティーの様子を、

ちょい、紹介しますね。



DCM、KEY取引所にてボードアップ









デジタルカレンシー松田社長、挨拶。






国連PRIDE Asia の日本担当理事でもある、

KEYエクスチェンジCEOの中野さん、です。





松田社長のFacebookコメントより。


先日、
帝国ホテルにて国連の経済社会理事会の方をお招きして

マカオの金融ライセンスのある取引所の
公開記念パーティーを致しました。

様々な世界情勢や、
金融を取り巻く世界の流れを

垣間見た貴重な時間でした。



フィンテックの業界は、未だ未開拓の地です。

今後、発展する可能性を大いに秘めたオアシスです。

しかし同時に、情報が非常に少ない世界でもあります。


だからこそ、

信頼できるパートナーが増えることは
とても頼もしくもあり

人生を掛けるに値すると実感できる瞬間でもあります。


今後も、
着実に一歩ずつ固めながら歩いて行こうと思います。



















発表された内容については、

・・・。



記事を作成していますので、
もうちょっとお待ち下さいね

(`・ω・´)ゞ
記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
Copyright © DCM NEWS All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

DCM公認ファンクラブ運営協力 : デジタルカレンシー株式会社

〒103-0015  東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階  TEL:03-6206-2530  FAX:03-6435-7914