タグ:デジタルカレンシー評判

【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#2 発表内容その1

※昨日の記事はこちら。
【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1l




ヤスです。
(*´ω`*)



9/2 帝国ホテルタワー最上階にて

KEY取引所公開記念パーティーがあり、

そこの席上でありました発表内容について、

お知らせしていきますね。



なぜ、KEY取引所、なのか。







まず、なぜ

KEY財団(KEYエクスチェンジ運営する会社)

との業務提携に至ったのか、その理由です。


その答え、について、
次のような話題がでました。



KEY財団CEOの中野さんが

国連の中にある、経済社会理事会の
アジア部門の理事であることは、

すでに既報


ですが、


実はもう1人、

国連メンバーがKEY財団に参加していまして、




村松さんという方が、

CMO(マーケット戦略最高責任者)
をされています。


村松さんのスピーチの中で
こんな言葉がありました。



日本人は、世界と比べて、

投資の考え方に、決定的な違いがあって、

いわゆるノウハウコレクター、

ノウハウばかり集めて、それで終わり、

つまりお金ばかり損して、
知識ばかり増やして、

「最後に、どんな仲間と組むか」

という行動部分をしない人が多い、



ということを指摘されていました。


国際的信用力の高い人、企業と組むことで

より、DCMそのものの信用力を高めていくのは

とっても大事なことです。



この村松さん、
KEY以外にご自身のプロジェクトを持っていて、

アブダビから

3000億円規模の融資を受けたプロジェクト


を近々、発表されるとのことですが、


それだけ国際的信用力の半端ない方、

だということはわかっていただけると思います。


そもそも、

あのロナウジーニョサッカーコインの案件を
KEY取引所で扱う話になっているのも、

この村松さんのチカラによります。


そういう国際的信用の高い人が、
語った一言が印象的でしたね。



「7年前から、

尊敬し、追いかけていた私の師匠の師匠が

松田社長だったんです。

今ようやく、油がのって(笑ってました)
一緒に仕事ができる状態になったことを

非常に楽しみにしてます」


つまり、

まったく対等な立場で、

KEY財団と、デジカレが業務提携に至ったことが
非常に今後、楽しみな部分ですね。


KEY財団としては、

マカオで、稼働している唯一の
マカオおよび中国政府ライセンシーの
仮想通貨取引所
でありますが


それにとどまらず、
銀行の設立も計画していまして、


法定通貨と仮想通貨の垣根をどんどん低くし、


先日の既報の通り、

VISA/MASTERカードの発行も行い、


KEY1社だけで、

仮想通貨取引所だけじゃなくて

銀行、クレジットカード会社などなど

金融ジャンルすべてを網羅することを目標とされています。



もし、KEY財団が、
仮想通貨取引所、だけを運営しているならば、


VISA/MASTERカードを他社に依頼して発行しても

それを日本円に変える、ことができませんので、

KEY取引所でDCMをビットコインに変換し、

ビットコインを日本の取引所に送って

そこから日本円を銀行に出金して、

デビットカードにチャージして

それからやっと使う

ということになります。


それぞれの工程で、手数料がかかりますので、
下手したら10%くらいは目減りしそうですね。


しかし、KEY財団で、

・仮想通貨取引所
・VISA/MASTERカード取扱
・銀行



これによって、


DCMの入った、VISA/MASTERカードを使って、

日本円の代わりに、DCMを使って
VISA/MASTERが使えるお店であれば

どんなお店でも即使用可能、

といったような、
ワンストップサービスが可能になります。



KEYの発行するクレジット/デビットカードについては

詳細がわかりましたら、お知らせしますが、


イーサリアム、DCM、キーコイン、RSCロナウジーニョサッカーコイン
の4種類が、

たとえば3万円分、など設定金額に対して、

一定割合で最初から記録されている
プリチャージカード、になったようですね。


見た目はクレジットカードなんですが、

すでに最初からコインが入ってる
ポイントカード的なもの、と
同じ扱いになるようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらにKEYは、ニューヨークに法人を設置して、

拠点はマカオにありながら、

アメリカに各コインの認可も申請して、


仮想通貨の世界で最高レベルのアメリカの基準を

マカオに持ち込むことで、

KEYで扱うコインは、すべて認可スミ、だよ、


今後、100種類近くのコインを、
KEYで扱う予定になっていますが、

すべてのコインを、アメリカで認可とるように、
信用度をMAXにする、

準備を進めているとのことです。



DCMももちろん、その中の1つに入ってます。


世間的にICO=99%詐欺、
というようなことを言われていますが、


ロナウジーニョサッカーコインのような

本当に志の高い、
バックボーンもしっかりした会社が出すICO案件は

もっと活発に扱われるべきなんです。


本来のICOは、そういうものですよね。



KEY財団が、
ICOを合法化すべく、その審査もきちんと行っていることと
DCMが、そこにボードアップしている、ということが加わって、

信用度がまったく変わってくる、ということなんです。


非常に長くなるので、数回に渡って、お知らせしますね。




※昨日の記事はこちら。
【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1l


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【帝国ホテル・イベント】KEY取引所公開記念パーティーの情報#1


ヤスです。
(*´∀`*)





9/2

東京・帝国ホテルタワーの最上階の
ラウンジ・アクアにて行われた、


DCMがボードアップする予定になっている、

マカオ政府の公式ライセンスをNo00001号で取得した
KEY取引所(キーエクスチェンジ)についての、

公開記念パーティーの様子を、

ちょい、紹介しますね。



DCM、KEY取引所にてボードアップ









デジタルカレンシー松田社長、挨拶。






国連PRIDE Asia の日本担当理事でもある、

KEYエクスチェンジCEOの中野さん、です。





松田社長のFacebookコメントより。


先日、
帝国ホテルにて国連の経済社会理事会の方をお招きして

マカオの金融ライセンスのある取引所の
公開記念パーティーを致しました。

様々な世界情勢や、
金融を取り巻く世界の流れを

垣間見た貴重な時間でした。



フィンテックの業界は、未だ未開拓の地です。

今後、発展する可能性を大いに秘めたオアシスです。

しかし同時に、情報が非常に少ない世界でもあります。


だからこそ、

信頼できるパートナーが増えることは
とても頼もしくもあり

人生を掛けるに値すると実感できる瞬間でもあります。


今後も、
着実に一歩ずつ固めながら歩いて行こうと思います。



















発表された内容については、

・・・。



記事を作成していますので、
もうちょっとお待ち下さいね

(`・ω・´)ゞ
記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【決戦・頂上対決!!】太陽光業務用ソーラー発電 vs DCマイニングマシンオーナー制度、10倍圧勝したのは!!ドッチ?


ヤスです。
(*´ω`*)



「お金を生む機械」

興味ありますか??



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お金を勝手に生む機械といえば、


少し前までの世間の常識は

「太陽光発電ソーラーパネル」

でした。


最近は一時期よりも、

話題も少なくなったように感じますが

全然なくなったわけではありません。



日本政府が、原発に変わる再生可能エネルギー、

その最重要な施策と位置付け、


再生可能エネルギーの中でも
トップランナーとして、

太陽光発電の促進を行い、

2030年までに、1170万軒の家の屋根に
太陽光パネルを載せるのを目標に

ソーラーパネルを大量に設置して、

それらから得られる電力を、


強制的に固定レートで、
電力会社に買い取らせる制度を作り

国を挙げて、

太陽光発電の普及に力を入れてきていました。


また、

家庭用だけではなく、

業務用ソーラーシステムも活況ですね。


たとえば、歳を取って農地が活かせない

後継者もいないような方ですと、


せっかく所有しているのに使っていない
休耕農地を、有効に利用してもらい、

一定期間後は自分の収入になって老後資金が助かる

ということで、

なかでも、

広大な面積を使う、
業務用ソーラー施設などは
非常に有効だったわけです。






遊んでいる土地を使い、

初期コストはかかるけども、

あとは、毎日毎月、電力を生み出しては、

電力会社が買い取ってくれる


ある一定値を超えて、

初期コストを元取ったあとは、

ずっと収入になり続けるよ、


という点が魅力的だったわけです。



グラフにするとこんな感じ。





10年経過以降は、
働かずとも収入がどんどん入ってくるので


老後、働けなくなったときの収入になって

とても助かるわけですよね。



しかし、
このグラフには落とし穴が隠されています。

理想通りいけば、という大前提です。



自然相手、電力会社相手、法律相手
やっていく太陽光発電業務用ソーラーは、

不確定要素が非常に数が多いこと

最近、ニュース等でも報道されることがあります。




理想としているのは、こちらのグラフ。






しかし現実は甘くありません。


(※売電買取単価が10年固定なのは、家庭用10kw以下出力用の場合です)





最悪のケースとしては、

突発的なメンテナンスコスト。


空からは無防備なので、

氷の”ヒョウ”が降ってパネルが割れる被害や、

鳥獣被害も事例報告されていますし、
(鳥が石を落とす、など)





竜巻や突風、地震などで倒壊する事例も
たまにあるようです。





こんなことさえ考えられますね。





パネルは無事でも、
電力会社へ電力を送電するための設備も

しょっちゅう点検やメンテナンスが必要ですし、


ソーラー発電所は基本、無人運用なので、

設備の中に使われる、送電線(銅線)を
ソックリ中国人窃盗団に狙われて、

なくなって発電がストップしていても、

半年間気づかない、というような事例とか、

侵入防止用の柵を設置しても、

周辺の草が太い木の枝のようになっていて、
それが柵を押し倒してフェンスを破壊する事例とか

予想外のことが、現実に起きています。


無理やり山間部を切り開いて、

メガソーラーを
設置したことによって、



土砂災害が起こりやすくなったり

自然破壊の問題も出ているようです。


2015年、豪雨で鬼怒川が氾濫したのは、

地元住民のメガソーラー建設反対運動を
押し切って、

わざわざ自然堤防を破壊して設置したことで、





そこから堤防決壊を招いて、

大量の被害を出した事例も出ていますね。



自然破壊の話はともかく、

突発的な、多額の修理費用が

払えなくなると、当然、発電はストップします。




問題は、電気が売れなくても

固定資産税だけは
払い続けないといけないことです。




それによって、

ソーラー破産、という問題も実際に起きていて

たびたび、ニュースになっています。




太陽光発電の、仕組みですが、

ソーラーパネルは
みんな一定の角度、一定の方向を向いて

設置されているのをご存知でしょうか。。


一番いい条件で、最高の発電能力を発揮するように

施工されるわけなんですが、


北海道札幌市では43度、

東京では35度、

那覇では26度と

北と南では20度も設置角度に差が出ます。


とにかく、その場所によって、固定の角度、
が決まっているわけです。


考えてみてください。

太陽が、一番、いい条件の場所にいるのは、

せいぜい1日のうち1時間程度ですよね。


日昇から、日没の間の多くは、

角度が良くないので、発電量は最大ではない。

夕方から夜は、発電しない。


家庭用のソーラーパネルの場合は、

自家消費する電力との差が利益になります。






また、季節によってもかわります。


夏至が一番最高で、春と秋は、発電量は減ります。


1年間のうちに、ピークの発電量を出すのは

かなりワズカな期間ですね。




もちろん、雨や雪、夜だと発電なし、
冬、雪の多い北部地域は、雪が溶けるまで発電なし。

一年中温度の高い地域(沖縄・九州など)は
パネルに負担がかかるので逆に発電効率が落ちます。

地域間格差が、非常に大きいですね。


ちなみに数年前のデータですが



山梨県が1位。長野県が2位。

東北や日本海側は、
やはり発電効率が落ちるという結果です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽光発電は、再生可能エネルギーとして

最注目されるわけなんで、

それはそれで、政府が推進していくのは

もちろん、悪いことではないと思いますが、

欠点もありました。


①初期コストが、非常にかかる

②耐用年数20年といいつつ、
 修理補修が多い。

③土地取得すると固定資産税がかかる

④初期コストを回収するまでに理想通りで10年

⑤周辺草刈りから、見回り、修理の手配、

 意外とやることが多い。

⑥電力買取制度が、いつまで固定になるか、
 突然制度が変更になる可能性もある。



などなど、不安要素がいくつかある、
ということですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、お待ちかね。


デジタルカレンシー株式会社が行う、

マイニングマシンオーナー制度は、


太陽光業務用ソーラー発電と比べて、

どうなのか。




比較対象ソーラーのスペックは
こちらです。


業務用ソーラーパネルシステム

家庭用ちょっと大きめ10軒分相当
154.2坪(480平方メートル)=(21m ×21m正方形の土地)
発電変換効率15%、発電システム出力36kwのパネルスペック
1300万円の設備代金に、土地取得代金、メンテナンス費用
パネルから、電力変換設備、送電線までの間の毎年のメンテナンス費用
土地から設備まで、自分の所有物になるので
すべてに税金(取得税、固定資産税、下手すると相続税)がかかる



この業務用ソーラーシステムと、
マイニングマシンオーナー1台分が、

ほぼ

おなじパフォーマンス

だというんですが、

本当でしょうか?

比較してみましょう。




①初期コストが、非常にかかる


→10分の1以下



②耐用年数20年といいつつ、
 修理補修が多い。


→3年でマイニングマシンオーナー再契約

その代わり、自分の所有物ではないので、
一切の途中メンテナンス費用などは一切不要。



③土地取得すると固定資産税がかかる

→自分の所有物ではないので、
 固定資産税などの税金は不要。


④初期コストを回収するまでに理想通りで10年

→ビットコイン相場の変動により
 大きく変わるが、
 1年前後(数ヶ月単位でズレあり)で、元金回収し、
 それ以降はずっと利益。


→ビットコイン相場が、

 5月頭で100万円前後ですが、

 昨年12月並みの220万円まで
 回復すれば、期間は半分で回収できる理屈になります。
 



⑤周辺草刈りから、見回り、修理の手配、
 意外とやることが多い。


→何もすることがありません。
 すべて工場の技術者が行います




⑥電力買取制度が、いつまで固定になるか、
 突然制度が変更になる可能性もある。

2013年から、政府は、
もともと1kwあたり32円だった
固定買取価格単価を連続して下げていますが

ドイツ等再生可能エネルギー先進国と比べると、

日本の買取価格はまだ倍近くあります。


電力会社に強制価格で買い取らせる制度は、

結局、

国民が電力会社に
電気料金に上乗せして払っているので、

太陽光発電の恩恵を受けてない人まで
国民負担していますので、

売電単価は、今後も、
半値までは下げる可能性もあり。


→マイニングマシンオーナーの報酬は
ビットコイン相場に影響されますので、

ビットコイン報酬額はほぼ一定か、

マシンの効率化が進めば上がっていきますが

ビットコインが、暴落すれば
日本円換算での受け取る金額は

変動しますので、その点は注意ですね。


2017年12月ビットコインは220万円を記録

2018年3月時点でビットコイン価格は

69万円台(1/3まで暴落)

2018年5月に100万円を回復、

年末へ向かって緩やかに上昇中。


ビットコイン価格が

12月のように200万円超えまで
回復すれば、

得られる報酬額の、日本円換算額が2倍になり、

初期コストを回収する期間は半分になる

ということです。



グラフにすると、こんな感じですね。

※おおよそのイメージです。
必ずしもこうなるということを
保証するものではありません。

ビットコイン相場状況などによって、
左右されます。

この点、念押しでご承知ください。




余った電力を売る、のと
直接お金を生み出す機械との差は



実にこれだけの差に
なるというわけです!!




ズラリとならんだ、マイニングマシン1台1台が

「お金を生む機械」


そのオーナーになる権利を申し込むには・・・。


キニナッタカタハ

こちらから、お問い合わせくださいね。








記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
Copyright © DCM NEWS All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

DCM公認ファンクラブ運営協力 : デジタルカレンシー株式会社

〒103-0015  東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階  TEL:03-6206-2530  FAX:03-6435-7914